本文へスキップ

相続税申告についてregarding estate tax return

相続税の申告を行うには、まず被相続人(亡くなられたご親族)の遺産を把握する必要があります。遺産には相続財産と相続債務があります。遺産の調査を行って亡くなられた時点での遺産状況を把握したのち、相続財産の評価と債務の控除額の算出を行います。

財産といっても、不動産(宅地、借地権付きの宅地、がけ地を有する宅地、広大地、私道等)もあれば、家屋、預貯金、株式(上場株・非上場株)、生命保険、動産(家具、什器、衣料、車両運搬具等)など様々です。

また、債務には、借入金、未払金、公租公課の未納分、葬式費用などがあります。

ひょうご相続相談センターでは、これらをきちんと調査した上で一つ一つの評価を適正に行っています。なおかつ、1,100件超の実績で培ったノウハウで、それぞれの税理士事務所によって差が出る評価の金額をより安くしてお客様の負担を少しでも減らします。

では、相続する財産の評価や債務の控除について、下記からひとつひとつ確認していきましょう。

相続する財産の評価と債務の控除

財産の評価

  ◆ 土地(宅地・その他)の評価
  ◆ 小規模宅地等の特例
  ◆ 家屋の評価
  ◆ 構築物の評価
  ◆ 門、塀、庭園の評価
  ◆ 預貯金の評価
  ◆ 株式の評価
  ◆ 株式に関する権利・出資の評価
  ◆ 公社債等の評価
  ◆ 生命保険等の評価
  ◆ 退職手当金等の評価
  ◆ その他財産評価と特例

債務の控除

   詳しくはこちら



適正な財産評価と債務控除額の算出が行えたら、次に相続税を計算して相続税を申告、そして納税することになります。 それでは、相続税の計算・相続税の申告・相続税の納税に関し、それぞれ下記の項目ごとにご紹介します。

相続税の計算

  ◆ 相続税の計算方法
  ◆ 相続開始前3年以内の贈与財産
  ◆ 相続開始後の譲渡

相続税の申告

  ◆ 相続税の申告

   詳しくはこちら

場合により、以下のことが必要になります。

  ◆ 修正申告
  ◆ 更生の請求

相続税の納税

  ◆ 相続税の納税

   詳しくはこちら

状況により、以下に該当する場合もあります。

  ◆ 相続税の延納
  ◆ 物納による納税
  ◆ 農地等に係る納税猶予の特例
  ◆ 相続税における延滞税・加算税


ひょうご税理士法人

【 塚口本店 】
〒661-0012
兵庫県尼崎市南塚口町2丁目6番27号 →アクセス

TEL 06-6429-1301
FAX 06-6429-2150


【 川西支店 】
〒666-0021
兵庫県川西市栄根2丁目6番37号
→アクセス

TEL 072-767-7770
FAX 072-767-7754